最近多い、お問い合わせについて

IMG_0888.JPG

最近お電話でお問い合わせを頂くことが多い項目を記載させて頂きます。

他社施工のECUについて?
再施工依頼
Q.他社で施工したECUの再チューニングを依頼出来ますか?
A.最近特に多いのが他社で施工したECUの再施工依頼です。
通常施工しているECUで有れば、LIRICAにて上書きが可能です。
過去に、数件程、上書きが出来ないECUが有りました。
これは、直接ECUMAPにアクセスして変更するREMAPPINGではなく
他社が作ったプログラムに書き換えているECUです。
基本、再施工可能です。
他社での施工ECUの再REMAPPINGも、お気軽にお問い合わせ下さい

MAPの確認
Q.他社でECUチューニングのFlashを施工しました。
帰り道で直ぐに気付きましたが、乗り難く、トルクも有りません。

本当に書き換わっているか?どの様に書き換わっているかを確認して    頂 けますか?

A.他社で施工されたECUで遅くなった、乗り難くなった等のご相談が増えています。
MAPを確認してほしいとご依頼が有りますが、
Flash業者は、自分のMAPを暗号化しています。
つまり、他社で作られたMAPの確認には大変時間が掛かります。
気に入らないMAPのECUは諦めて頂き、
LIRICAに再REMAPPING+をご依頼ください。

LIRICA ECU REMAPPING+との違い
Q.下記の様にユーザー様からご質問が有りました。
以前に、LIRICAにてECU REMAPPING+を施工して
ECUチューニングのすばらしさを体感しました。
この度、車両を買換えて、金額の安さで他社でFlashを依頼しました。
結果、大変乗り難く、中間加速も落ちてしまいました。
施工業者に何度も確認をお願いしましたが、変化が有りませんでした。
諦めて、御社に再施工を依頼した所、
以前の車両と同じ様にECUチューニングの素晴らしさを体感出来ました。
施工料金の違いの意味が解りました。
御社のREMAPPING+と他社のFlashの違いは何ですか?
A.LIRICAのECUチューニングは、他社と経験が違います。
理論空燃比等のデーターだけでは車両は乗り易くなりません。
LIRICAでは、日本仕様の車両を自社で解析しています。
日本の道路で乗り易いMAPを目指しています。

弊社では、低回転から高回転域まで、低速から最高速まですべてを変更しています。
実際に車両に乗る技術者がMAPを変更している事が重要です。
OVER300Kmの経験が無い技術者に、OVER300KmのMAPは作れません。

Z125 輸入MODELのECUについて
海外モデルのZ125を日本国内で所有しているユーザー様から下記の質問が大変増えています
Q.日本仕様は対策のECUに交換する事でアイドリングが安定すると聞いています。

しかし、購入店に確認した所、海外仕様の並行輸入車両は対象外と言われてしまいました。
対応は出来ますでしょうか?
A.日本のメーカー販社から対策ECUが出る前に、弊社ではREMAPPING+にて解決しています。
施工費用が他の大型車両と同じになってしまいますが、
ECUの解析、MAP変更の施工時間は排気量に違いが無い事をご理解ください
施工時に、ご使用のマフラー等に合わせた内容で施工させて頂きます。
大変楽しい乗り味に変わります。
ご依頼をお待ちしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です