BMW S1000RR K67 2020モデル のお客様から嬉しい感想を頂きました。

BMW S1000RR K67 2020モデル
ECU REMAPPING+施工ユーザー様から、大変嬉しい感想を頂きました。
ECUチューニングの事ならLIRICAにお任せください。

U様 BMW S1000RR K67 2020モデル

ECUご担当様

お世話になります。

ECU受領致しました。ありがとうございました。
で、早速の感想をご連絡いたします。

まずエンジンを掛けた瞬間の排気音に違いを感じました。
排気音が明らかに低く太く大きくなって重低音になりました。
ノーマルECU時のスリップオンマフラーではノーマルマフラーと
音量的には大差がなかったのですが、明らかに変化しています。

エンジンフィーリングですが、
発進時、中間加速時の全域でトルクがUPしているのは体感出来ました。
明らかにノーマル時とは違いました。

現時点一番良かった点は、ノーマルECUの不満点が消えている様に感じたことです。

ノーマルECUの不満点だったのが、
「ある一定の回転数に達したときにアクセル開度量は変えていないのに更に加速しようとする動き」がありました。(2015年モデルのS1000RRには感じなかった動き)

アクセル量を変えていないのにこのような動きをされると非常に乗りにくいと感じていました。
それが今回のREMAPINGで解消されている様に感じました。
今のところ非常に調子よく違和感などは特にありません。
以前よりもハッキリした良い違いを体感できているので楽しくライディングしています。
また何か気づく点などありましたら連絡させていただきます。

460.jpg

LIRICAより

U様、メールありがとうございます。
新型のS1000RR ECUチューニングご満足頂けて良かったです。

他社のECUチューニングと違い、自社グループでの開発の為、
新型の車種にも出来る限り早く対応させて頂いています。

弊社のECUチューニングはピークパワーだけでなく、
低中速域のトルクを上げて、扱い易く、ライダーが走りを楽しめるMAPをお届けいしています。

まだまだ認知度が低いECUチューニングですが、
ご友人等に是非お勧めしてください。

施工依頼お待ちしています。

LIRICA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です