SUZUKI GSX-R125 ECUREMAPPING+ 施工のお客様から嬉しい感想が届きました

SUZUKI GSX-R125 ECUREMAPPING+ 施工のお客様から嬉しい感想が届きました
施工検討中のGSX-R125ユーザー様の参考に掲載させて頂きます。

H県 I様 SUZUKI GSX-R125 2019モデル

先日はお世話になりました。
施工後のバイクに乗ってみて自分の中である程度考えがまとまったので
感想をお知らせしたいと思います。

※社外のフルエキを除いて全て純正品です。

①発進での力強さが増した
最新とはいえ小排気量車なので発進に気をつかっていましたが、
施工後は車体を押し出す力が増した気がします

②ギアの守備範囲が広がる
以前まで5速6速から加速させると少し待ちがあったので、
とりあえずシフトダウンして加速力を得ていたのですが、
施工後はどのギアでも5000回転まで回した状態でスロットルを開ければ、
充分な加速をしてくれるようになりました。
加速の鋭さが各ギア底上げされた印象です。

③エンブレは感じにくくなった
よく言われることですが、たしかにエンブレは感じにくくなりました。

④排気音も若干変わった気がする
太く重めの音になったと思います。
小排気量車なので知れてますが。
この点に関しては自信を持って言えないのであくまで超個人的な意見です。

私自身サブコンでの現車セッティングが今まで絶対的に正しいと思っていましたし、
実際にセッティングも行ったことがありますが、今回の施工でもほぼ同じような体感ができました。
サブコンvsECUチューニング討論はお店同士の足の引っ張り合いになっていてどれを信じるか難しいですが、
郵送で施工を請け負っているというお店の責任感が感じられたので今回お任せしましたが正解だったと感じています。

以上まとめてみました。
この度はありがとうございました。
新たな発見が多くあり、バイクが楽しくなりました

I様、詳細のインプレッションありがとうございます。
排気音につきましては確実に変わっています。
本来のパワーとトルクをお楽しみください。
ECUチューニングとサブコンについても
一昔前のECUは、サブコンでも色々とチューニングが出来ましたが、
最近のECUには、クローズドループが有り、
最初にECUをFlashする事が絶対条件で必要になります。

LIRICA Piasini.JPは、他のECUチューニングと違います。
自社開発で施工させて頂いています。

GSX-R125本来の走りをお楽しみください。

LIRICA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です